住まいとは心地よい空間

さまざまな工夫でこだわりの住まいを作っています

住まいとは心地よい空間 毎日暮らす自分の家は、一番リラックスできる場所だと思います。だから、人それぞれ住まいに対するこだわりがありと思います。ちなみに、私にとってこだわりの住まいとは、居心地の良い空間を作ることです。たとえば、私がこだわっていることは、できるだけお部屋をスッキリとした空間にすることです。お部屋が狭いので収納スペースが少ないということもあり、以前は物がお部屋にたくさんあふれるくらいに置いていましたが、そういう空間はキレイに片付けていてもごちゃごちゃした感じになってしまい、落ち着かない空間になっていました。そこで、もう使わないものなどを処分し、必要なものだけをお部屋に置くことにしたんです。収納にも工夫をし、今は狭かったお部屋が広々とした空間になり、とても居心地良くなりました。

また、色使いにも気をつけています。カーテンやラグ、クッションなど、お部屋に置く雑貨などは、色の統一感を出してお気に入りの空間作りをしているんです。家具はナチュラル感を出すために木目調のもののみにしていて、雑貨などは好きな色が白とグリーンなので、その2つの色を中心にしています。また、飽きがこないように、季節によって暖色系や寒色系でまとめたりもしています。自分の住まいをより居心地の良い、お気に入りの空間にするためにも、これからもいろいろ工夫をしていきたいと思います。
Copyright (C)2022住まいとは心地よい空間.All rights reserved.